carotenoidカロテノイド

 カロテノイド (carotenoid) は天然に存在する色素で、化学式 C40H56 の基本構造を持つ化合物の誘導体をいい、 カロチノイド ともいう。
  テルペノイド の一種で、テトラテルペンに分類される。
 炭素と水素のみでできているものは カロテン (carotene) 類、それ以外のものを含むものはキサントフィル  (xanthophyll) 類という。
 カロテンやキサントフィルは二重結合を多く含むので抗酸化作用が大きく、植物では酸素が多く発生する場所に多く存在する。
 極性溶媒に溶けにくく、非極性溶媒に溶ける。
 したがって、脂肪とともに摂取すると効率的である。
 なお、カロテンは動物に吸収されるとビタミンAとなる。
 リコペン(リコピン)
 リコペン (Lycopene|lycopene、ドイツ語読みで リコピン )は化学式 C40H56、分子量 536.87 の カロテノイド
 水にはほとんど溶けない脂溶性の赤色色素。
 多くの植物ではβカロテンやαカロテンの前駆体としてわずかに存在するのみであるが、トマトや柿、グミなどに多量に存在する。
  抗酸化作用が大きいと考えられている