cyanocobalaminシアノコバラミン

 シアノコバラミン (cyanocobalamin 、コバラミン、 cobalamin)は、ヒドロキソコバラミンともに ビタミンB12 とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。
 化学式C63H88O14N14PCo。分子量 1355.4 g/mol。赤色又はピンク色を呈するため「赤いビタミン」とも呼ばれている。
 B群ビタミンのひとつだが、12は見付かった順番を表す数字ではない。
 相継いで発見されたB群ビタミンと重複しないように大き目の数字を付けたらしい。
  シアノコバラミン は化合物を単離する際に得られる人工産物で、喫煙者などの特殊な場合を除き、体内では シアノコバラミン は存在していないと考えるのが普通になっている。
  ポルフィリン類似のコリン環(図の赤色部位)とヌクレオチド(図の緑色部位)の構造をもつ、コバルトの錯体である。
 アミノ酸や脂肪酸の代謝および葉酸の生合成に用いられる。
 これ自体に補酵素活性は無く、生体内で補酵素型であるメチルコバラミンおよびアデノシルコバラミンに変換される。
  シアノコバラミン は眼精疲労の治療薬として各市販薬に配合されているほか、医療用として参天製薬より「サンコバ点眼液0.02%」として販売されている。
 他にも補酵素型 ビタミンB12 のメチルコバラミンも医療用医薬品として販売されており、末梢神経障害や巨赤芽球性貧血の治療に用いられる。
 欠乏症
   悪性貧血
   萎縮性胃炎により腸上皮化生のような腸又は線維組織によって胃組織の置換が起こり、胃腺細胞の減少をもたらす、胃粘膜の慢性炎症の過程が起こり、塩酸、ペプシン、内因子のような基本的な物質の胃での分泌が結果的に障害を起こし、消化器系の疾患、 ビタミンB12 の吸収欠乏と悪性貧血である巨赤芽球性貧血をもたらす。胃粘膜が萎縮することで ビタミンB12 の吸収に必要な内因子が低下するためにDNAの合成が障害され異常な巨赤芽球ができるために悪性貧血が起こる。
   亜急性連合性脊髄変性症 (ICD-10:E53.8)
    脊髄の側索と後索が同時にやられる病気。
    側索と後索の髄鞘の形成が阻害される。
   同時に阻害される事から連合性と言う。
   メチルマロン酸尿症
   ホモシステイン尿症