fat_img1.gif 1.2 fat脂肪(脂質)

 
・植物系脂質
・・なたね油
・・オリーブオイル
・・緑の葉の野菜
・・アボガド
・・ナッツ類
 
脂肪 (Fat)とは脂ともいい、動植物に含まれる 栄養素の一つ
化学では常温で固体の油脂をいう。
常温で液体の油脂は油 (oil) である。
栄養学 では 脂肪 は固体と液体の両方を含む 油脂 のことを指す。
動物の体内に主に含まれている 脂肪 を動物性脂肪という。
動物性脂肪は飽和 脂肪 酸を多く含むので融点が高い。
脂肪 はエネルギーとして代謝された場合、炭水化物やタンパク質よりも単位重量あたりの熱量が大きい。
したがって哺乳類をはじめとして動物の栄養として、重要である。
食物から摂取したり、体内で炭水化物から合成された 脂肪 は肝臓や脂肪組織に貯蔵される。
脂肪 からエネルギーを得るときには、グリセリンと 脂肪 酸に加水分解してから、 脂肪 酸をβ酸化代謝によりさらにアセチルCoAに分解する。
植物に含まれている 脂肪 を植物性脂肪という。
植物性脂肪は不飽和脂肪酸を多く含むので融点が低い。
このため、菜種油のように常温で液体なものが多い。
ただ、ココナッツ油やカカオバターのように飽和脂肪酸を大量に含む油もある。
魚類も多量の不飽和脂肪酸を含むものが多い。
純粋な脂肪は無味無臭無色であるが、天然のものは不純物が溶けているために色が付いている。
脂肪 と水酸化カリウムや水酸化ナトリウムとを反応させると加水分解により高級脂肪酸塩(石鹸)が得られる。
この反応をケン化(鹸化)という。
脂肪族化合物とは、有機化合物のうち炭素原子の環状配列をもたないものをいう。
脂肪中に含まれるので名づけられた。鎖式化合物ともいう。