glutamic acid グルタミン酸

    コンブ、チーズ、緑茶などに大量に含まれるほか、シイタケ、トマト、魚介類などにも比較的多く含まれていることが知られている
    利用
    主に、食品添加物であるL- グルタミン酸 ナトリウム(   グルタミン酸 ソーダ、mono sodium  glutamate、MSGあるいはグル曹とも呼ばれる)の中間原料として製造、利用される。
   グルタミン酸 そのものは酸味を持つため、そのナトリウム塩である グルタミン酸 ナトリウムが調味料(うま味調味料)として利用されている。
  L- グルタミン酸 ナトリウムを主成分とする調味料として、日本では味の素などがよく知られている。  
筋肉に痙攣や痛みを起こした場合にサプリメントとして用いられる。
   主な目的は運動後や日常生活で消費されたアミノ酸の補給である。
   利用
  ウェイトリフティングやボディビルディング、および特に老人に多いが、筋肉に痙攣や痛みを起こした場合にサプリメントとして用いられる。
主な目的は運動後や日常生活で消費されたアミノ酸の補給である。
   グルタミンの過剰消費に関して研究がなされているが、これまでこれといった結論は出ていない。
   しかしながら、長時間に及ぶ運動やトレーニングの後にはグルタミンを補給することが推奨されているため、適量の摂取は健康に良いとされる。
また、これは断食や怪我をしたとき、免疫不全症やがんにかかった場合にグルタミンが勧められる主な理由でもある。
   グルタミンを摂取すると免疫細胞が増え、風邪をひきにくくな
   消化機能の補助
   いくつかの研究によって グルタミン の機能と効果が明らかにされており、 グルタミン を添加した食餌と腸の機能、すなわち腸管の防御機能、腸細胞の増殖および分化、敗血症への感染率の減少を関連付ける証拠が提出されている。
   このような「洗浄」効果は腸が グルタミン を他のアミノ酸より速く吸収することに由来すると考えられており、内臓の状態を整えたい時に グルタミン を用いるのが良いとされる理由となっている。
    これらの効果は グルタミン を添加したものとしていない食餌をとった後の血漿濃度を比較した結果から発見された。
   しかし、 グルタミン は「洗浄」作用・効果を持つと考えられてはいるが、様々な食品中に異なる濃度で含まれるため、臨床での効果がどの程度得られるかは不明である
  
   手術後の回復補助
    グルタミン には外科手術後の傷の回復期間を短縮する効果があることも知られている。
   腹腔部を手術した際、患者に グルタミン を含む高カロリー輸液を行うと入院の期間が短縮される。
   臨床試験によって、 グルタミン の投与を含む療法で処置を行うと窒素バランスが向上し、投与を行わなかった場合に比べ、顆粒球におけるシステイニルロイコトリエンの生成やリンパ球の回復、腸の透過率に向上が見られること、また副作用が無いことが明らかにされている