Niacin欠乏症

   ・ペラグラ  
  ペラグラ(Pellagra、イタリア語で「皮膚の痛み」)は代謝内分泌疾患の一つで、ナイアシン欠乏症である。ICD10ではE52。
  ナイアシンは必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンから体内で生合成されるので、トリプトファンが欠乏することでもナイアシンが欠乏し、結果ペラグラを発症する。
  1926年に、アメリカの医学者ジョゼフ・ゴールドバーガー(Joseph Goldberger)によって肉や牛乳に含まれる何らかの栄養不足が原因であると突き止められ、1937年になってナイアシン欠乏が原因と判明した。
   口舌炎 
   胃腸病 
   皮膚炎 
   神経症状 
多彩ではあるが致命的でない症状を示すのが特徴的。