threonine スレオニン

   生合成
 ヒトは トレオニン を体内で作り出すことができないため、 必須アミノ酸 に分類される。
   一方、植物や大部分の微生物はアスパラギン酸から合成している。
   生合成の各段階は次のようなものである。
   まず、酵素アスパルトキナーゼがアスパラギン酸のβ-カルボキシル基をリン酸化する。
   次に β-アスパルテートセミアルデヒドデヒドロゲナーゼによって還元され、β-アスパルテートセミアルデヒドになる。
   これはトレオニン、メチオニン、リシンの生合成において重要な中間体である。
   これがホモセリンデヒドロゲナーゼ、ホモセリンキナーゼ、トレオニンシンターゼの作用によりトレオニンとなる。