vitaminKK_img1.gif 4.4.5 vitaminK ビタミン K

 ビタミンK (Vitamin K) は、脂溶性ビタミンの一種で、天然型と人工合成型の2つに分けられる。
Kはドイツ語で凝固を意味するKoagulationsに由来する。

  天然型
 ビタミンK1( フィロキノン;  2-メチル-3-フィチル-1,4-ナフトキノン)
 ビタミンK2(メナキノン; 2-ファルネシル-3-メチル-1,4-ナフトキノン)

 人工合成型
 ビタミンK3(メナジオン; 2-メチル-1,4-ナフトキノン)悪影響があり使用中止。
 ビタミンK4(メナジオール二リン酸ナトリウム)医薬品として使用される。

  ・・・  
 
 ビタミンK1は、主に植物に含まれ、葉菜類、植物油、豆類、海藻類、魚介類などに多く含まれる。
 ビタミンK2は、微生物が作り出すビタミンであり、人体内の腸内細菌によっても作り出される。また、チーズや納豆などに多く含まれる。
 側鎖部分の長さ(後述構造式中のn)によりMK-6~MK- 9が知られる。納豆には主にMK-7が含まれる。
  栄養補助食品 で摂取する場合は推奨量 (RDA) を超えない量を経口摂取する。
フィトメナジオン
フィロキノン
メナキノンの 2 つのナフトキノン誘導体
メナキノン